FXの基本ココだけは押さえて!為替の仕組み

「FXは初めてです、実は株などの投資もしたことがありません。」
「元手の資金があまりないのですが・・・」
このような相談を受けることがありますが、基本的にFXは未経験でも2万円から5万円位の投資金さえあれば問題なく取引できるとお答えします。

株取引の場合、購入する前にどこの株を買うべきか業界や業種、目星のついた企業の運営状況をリサーチし、全体的な経済知識を身につける必要があります。これに対し為替取引が主体となるFXの場合、為替の仕組みがわかりやすいという点と最低入金額さえあれば口座が開設できるといったメリットがあります。株の購入にはある程度まとまった投資金が必須となりますが、FXの場合一回あたりの取引が少額でも問題ありません。またレバレッジの利用で元手の資金よりも更に数倍の額で取引することもできます。オンラインで口座が開設できるため簡単ですし、クレジットカードによる入金に対応しているFX業者も多いので、今始めたい!と思い立った瞬間にでも取引ができるといっても過言ではありません。


「投資未経験でも、潤沢な資金がなくてもFXはできる。」

この回答はもちろん正しいのですが、やはり最低限知っておいた方がよいことはあります。まず為替の仕組みについてあまり詳しくない、という方は良い機会だと思って多少勉強しておくことをお勧めします。為替の仕組みは海外旅行での両替をイメージすればわかりやすいかと思います。海外に行く時、円をドルに交換しますよね。その時の為替レートによってドルをいくらで(日本円で)購入できるかが決まってくる、あの仕組みです。例えば1ドル=90円の円高なら、円がドルよりも強いわけですから100ドルは9000円で買えることになりますし、1ドル=120円の円安なら、円がドルよりも弱いので100ドル買うのに1万2000円出さなくてはならない、ということです。

FXでは通貨間に発生する為替差益で利益を得ることもあれば、値動きの予測違いで損失を出すこともあります。専門的な知識はそこまで必要ではないかもしれませんが、基本的な為替の知識については知っておいて損はありません。

さて、為替の知識はバッチリという方でもすぐに口座開設、入金、いざ取引!と焦りは禁物です。まずはデモ口座を用意している業者もたくさんありますから、実際のトレードを行うようにデモトレードからスタートしてみてはいかがでしょうか。ちなみにデモトレード環境を提供している業者の中でも、ハイローオーストラリアとXM.comは最適なデモトレード環境を提供していると定評があります。バイナリーオプションもやってみたい、と思っている方はハイローオーストラリアをチェックしてみるのもお勧めです。

デモトレードはお金をかけるわけではありませんから安心して実際の取引を体感することができます。ただ架空の手持ち金をどれだけ増やすことができるのか、なんとなくゲーム感覚になってしまうのではなく、このデモトレードで感覚をつかむべきははチャートの読み方、というところを覚えておいて下さい。

チャートとは為替の動きがどうなっていくのかを予測するために使う図形化されたグラフのようなものです。正式にはテクニカルチャートと言い、トレンド系とオシレーター系の2種類があります。
トレンド系(傾向)とは、現在の市場がどんな傾向に向かっているのか、上がり調子なのか、下がり気味なのかどちらの矢印に向いているかを見極めるために使われます。
そしてオシレーター系(振動・揺れの強さ)とは、その矢印の向き加減がどれ位強いのか、勢いがあるのかまた、その後どこで逆に相場が傾くポイントを見極めるために使われます。

実践的な取引に使う場合が多いオシレーター系のチャートは、最初は慣れないと利用し難いかもしれません。自分でツールを使いこなせるくらいデモトレードでスキルアップしてから、実際の取引に臨んでみてください。


 

FXに関して知識

近年金融取引で最も注目を集めているのがFXの取引です。幅広い年代層の人が取引に参加するようになり、毎日活発な取引がなされているのではないでしょうか。そのFX取引が注目を集め、実際に取引をしている人が増加してきていてる背景には、気軽に取引に参加できるというメリットが存在するからではないでしょうか。このように気軽に取引に参加が出来るという点は他の金融取引に比べて傾向が非常に強く表れており、FXに関して知識がない人であっても取引に参加しながらノウハウを学ぶことができるため、今後も取引に参加する人が増加していくのではないかと考えられています。