二者択一のバイナリーオプション

バイナリーオプションに興味はあるものの、やはり投資は不安が多くてなかなか挑戦できない、という方は多いのではないでしょうか。そんな方のために、ここではバイナリーオプションの出金等ふまえ、デメリットと誤解されている部分をとりあげ、解説していきます。不安を解消して、手軽にチャレンジできて利益獲得のチャンスも豊富な世界に、ぜひ一歩踏み出してみてください。



■「勝率5割では利益が出ない」ので、いくらやっても利益はプラスにならない?



バイナリーオプションは、基本的に二者択一で予測を行い、予測が当たれば投資金額は倍額で手元へ戻り、予測が外れれば投資金額を失う、というシンプルな仕組みになっています。二者択一ということは単純に考えて勝率は5割。ですがバイナリーオプションの利益配分はトレーダーだけでなく、業者にも行なわれます。



その率を「ペイアウト率」というのですが、例えばペイアウト率1.85倍の業者で1000円を投資、予測が当たったとすると、利益の2000円のうち、1850円がトレーダーに、残りの150円は実質的な手数料として業者の利益になります。つまり、完全に勝率が5割であれば、ペイアウト率分資金はスタート時よりマイナスになる計算です。



以上のことから「いくらやっても利益がプラスになることはない」という解説がされていることがよくありますが、そもそも二者択一で勝率が5割というのはある意味天文学的な数字まで選択を繰り替えした場合です。勝率は5割以上のことも以下のこともあるでしょう。もちろん損失になることはありますがそれだけで「利益が出ない」としてしまうのはナンセンスです。上記の例でいえば、予測が当たれば1000円が1850円になって返ってくるわけです。



また、投資を行なう上で注目すべきは利益よりも「損失」といっても過言ではありません。FXや株式投資では、手持ちの商品の価格が下がり続ければ、損失はどんどんふくらんでいきますが、バイナリーオプションでは初めに投資した金額以上に増えることはありません。その上宝くじのように運任せというわけでもなく、勝率は50%確実にあるんです。1回の投資額や1日の投資額を決めてコツコツと続ければ、利益の出る確率は非常に高いといえます。初心者は特に、リスクがあるという事実を認識しておく必要があります。始める前に、フォーラム、ブログなどで経験者の損失体験話などを読んでみるのもいいでしょう。



バイナリーオプションは、口座開設や入金、出金等にかかる手数料が一切無料なのが普通です。いわばその分をペイアウト率で徴収していることになり、取引1回分ずつや月ごとなど、取引手数料を徴収されるのが普通のFXと比べても、「ペイアウト率の分損をしてしまう」とはならない、ということがおわかりいただけるのではないかと思います。

投資セミナーとは、様々な種類の投資について、座学を中心にして講師の授業を受けて、知識や経験を学ぶ集まりのことです。

いわゆる「講演会」のように一方的なものではなく、セミナーは、全員で一つのテーマについて考えることを中心にしています。東京や大阪などの大規模都市では、週末だけではなく、平日でも、あらゆる種類の投資セミナーが開催されています。

投資と一言で表現しても、ありとあらゆる投資があります。株式投資や不動産投資(マンション投資)などのメジャーな投資方法から、外国為替証拠金取引(FX)や先物取引などのハイリスク・ハイリターンの投資方法もあります。投資セミナーは、それぞれの投資の種類に合わせて、極めて細分化された形で行われております。投資セミナーは、余剰資金をうまく運用したい資産家の方々や、退職金を上手に使って老後資金を増やしたいと思っている高齢者の方々などをメインのターゲットとしています。投資セミナーは、そのような富裕層、準富裕層の顧客が支払うセミナー料によって成り立っています。
投資セミナーは、誰が主催しているかによっていくつかに分類することができます。まずは、証券会社や金融機関、投資顧問会社などが主催する投資セミナーです。これらの会社は、投資自体を行うことがメインの事業ではありますが、投資セミナーを頻繁に開催することによって、投資に関する知識を一般の方々に浸透させることで、将来の顧客を取り込むための営業活動を行っています。したがって、証券会社などが行う投資セミナーは、専門家であるアナリストなどがわかりやすく解説をしてくれる一方で、自社の営業活動にも多くの時間を使われてしまいます。

次に、個人事業として投資活動を行って成功した個人投資家が主催する投資セミナーもあります。個人投資家の場合は、特定の会社に所属しているわけではないことから、原則として自らを宣伝する必要はないので、セミナーの中身に多くの時間を使ってもらえる点はいいところです。しかしながら、個人投資家の場合は、「その人だから成功したが、方法論としては一般化できない」というケースが多いため、むやみに特定の個人投資家を信頼してしまうと、予想外の損害を被ってしまう可能性があります。
さらに、政府や地方公共団体などの公的機関が主催する投資セミナーもあります。この場合は、主催者の信頼性は抜群で、しかも、講師も比較的しっかりした経歴の持主を主催者側が用意するのが一般的ですので、初心者にとってかなりおすすめの投資セミナーだと評価できます。また、公的機関が主催する投資セミナーの場合は、他の投資セミナーに比べて受講料も比較的低額ですので(1万円以下で受講できるものがほとんどです)、受講者にとっては嬉しいメリットです。

このように、投資セミナーには様々な種類がありますが、それぞれ一長一短がありますので、自らしっかりと情報を収集して、今の自分に最もフィットするレベルの投資セミナーを受講することが最も重要でしょう。


 

FXに関して知識

近年金融取引で最も注目を集めているのがFXの取引です。幅広い年代層の人が取引に参加するようになり、毎日活発な取引がなされているのではないでしょうか。そのFX取引が注目を集め、実際に取引をしている人が増加してきていてる背景には、気軽に取引に参加できるというメリットが存在するからではないでしょうか。このように気軽に取引に参加が出来るという点は他の金融取引に比べて傾向が非常に強く表れており、FXに関して知識がない人であっても取引に参加しながらノウハウを学ぶことができるため、今後も取引に参加する人が増加していくのではないかと考えられています。