二者択一のバイナリーオプション

バイナリーオプションに興味はあるものの、やはり投資は不安が多くてなかなか挑戦できない、という方は多いのではないでしょうか。そんな方のために、ここではバイナリーオプションでデメリットと誤解されている部分をとりあげ、解説していきます。不安を解消して、手軽にチャレンジできて利益獲得のチャンスも豊富な世界に、ぜひ一歩踏み出してみてください。



■「勝率5割では利益が出ない」ので、いくらやっても利益はプラスにならない?



バイナリーオプションは、基本的に二者択一で予測を行い、予測が当たれば投資金額は倍額で手元へ戻り、予測が外れれば投資金額を失う、というシンプルな仕組みになっています。二者択一ということは単純に考えて勝率は5割。ですがバイナリーオプションの利益配分はトレーダーだけでなく、業者にも行なわれます。



その率を「ペイアウト率」というのですが、例えばペイアウト率1.85倍の業者で1000円を投資、予測が当たったとすると、利益の2000円のうち、1850円がトレーダーに、残りの150円は実質的な手数料として業者の利益になります。つまり、完全に勝率が5割であれば、ペイアウト率分資金はスタート時よりマイナスになる計算です。



以上のことから「いくらやっても利益がプラスになることはない」という解説がされていることがよくありますが、そもそも二者択一で勝率が5割というのはある意味天文学的な数字まで選択を繰り替えした場合です。勝率は5割以上のことも以下のこともあるでしょう。もちろん損失になることはありますがそれだけで「利益が出ない」としてしまうのはナンセンスです。上記の例でいえば、予測が当たれば1000円が1850円になって返ってくるわけです。



また、投資を行なう上で注目すべきは利益よりも「損失」といっても過言ではありません。FXや株式投資では、手持ちの商品の価格が下がり続ければ、損失はどんどんふくらんでいきますが、バイナリーオプションでは初めに投資した金額以上に増えることはありません。その上宝くじのように運任せというわけでもなく、勝率は50%確実にあるんです。1回の投資額や1日の投資額を決めてコツコツと続ければ、利益の出る確率は非常に高いといえます。初心者は特に、リスクがあるという事実を認識しておく必要があります。始める前に、フォーラム、ブログなどで経験者の損失体験話などを読んでみるのもいいでしょう。



バイナリーオプションは、口座開設や入金、出金等にかかる手数料が一切無料なのが普通です。いわばその分をペイアウト率で徴収していることになり、取引1回分ずつや月ごとなど、取引手数料を徴収されるのが普通のFXと比べても、「ペイアウト率の分損をしてしまう」とはならない、ということがおわかりいただけるのではないかと思います。


 

FXに関して知識

近年金融取引で最も注目を集めているのがFXの取引です。幅広い年代層の人が取引に参加するようになり、毎日活発な取引がなされているのではないでしょうか。そのFX取引が注目を集め、実際に取引をしている人が増加してきていてる背景には、気軽に取引に参加できるというメリットが存在するからではないでしょうか。このように気軽に取引に参加が出来るという点は他の金融取引に比べて傾向が非常に強く表れており、FXに関して知識がない人であっても取引に参加しながらノウハウを学ぶことができるため、今後も取引に参加する人が増加していくのではないかと考えられています。